注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

敷島公園「門倉テクノばら園」

こんにちはHoryです。
今回は、見頃を迎えた薔薇(バラ)を撮影に群馬県前橋市敷島町にある「敷島公園【門倉テクノばら園】」に行ってきたので紹介します。

門倉テクノばら園とは

平成20年3月にリニューアルオープンした4.5haの面積を誇る「ばら園」で、約600種7000株のバラが植栽されていて、春と秋のバラの最盛期には例年イベントを行い多くの観光客が来園しています。

バラの種類が多く、目移りが凄い!!

いやぁ~~~・・・私事なのですが、ばら園に入って、あまりに色々な種類のバラがあり、どこから撮影しようかと目移りが激しく迷ってしまいました!!
(;^_^A アセアセ・・・

まずは、スタンダード・・・と言ったら怒られるかも・・・( ̄▽ ̄;)
「真っ赤」な色が美しい「ラ・セビリアーナ」です。「赤い」色のバラは種類が豊富で、同じ種類かなぁ~・・・と撮影していたら違っていたりして・・・うぅ~ん難しい・・・(;´Д`)
因みに「ラ・セビリアーナ」は、朱色を帯びた明るい赤色であり、強健な品種で耐病性が強く、耐寒・耐暑性にも優れていて、栽培にも手間が掛からず管理が楽なので、修景用のバラとして広く利用されているのです。

こちらは同じ「赤」でも少し色が濃く、また花弁(はなびら)の角が「カクッ」と「角」があると言えば良いのか?「ラ・セビリアーナ」とは違いますよね
(´・ω・`)
これは「カルメン」という品種です。
「カルメン」といえば「フラメンコ」で薔薇(バラ)を咥(くわ)えて手を「パンパン」叩きながら「踊る」あれ?ですよね・・・(。´・ω・)?
(すみません、「フラメンコ」の事、全然わかりません・・・m(_ _)m)

この「カルメン」を見ていると、なんか「出来る大人の花」!!って感じがしませんか?
落ち着いている濃い「赤」で花弁の「角」が立っていて凄くスマートに見えるのです。カッコいいですよね~(*´▽`*)

こちらは、「ラ・セビリアーナ」でも「カルメン」でもなく、「ガーディナル」という品種のバラです。色は「ラ・セビリアーナ」と同じで朱色を帯びた明るい赤色です。
花の形は「カルメン」に似ていますよね。
「ガーディナル」は切り花用の品種として有名で、短めに剪定しても花が咲くので初心者にやさしく、鉢植えで育てられるのです。

こちらは「センチメンタル」です。
「赤」色と「白」色のマーブル模様が美しい色合いを見せてくれています。

・・・この「センチメンタル」を見ていて、綺麗にサシが入った牛肉を思い浮かべているのは私だけではないはず・・・(笑)
いやぁ~、美味しそうな牛肉・・・いや、・・・綺麗なバラですこと(*´▽`*)

・・・と「赤」色のバラだけでもまだまだあるのです。

色も豊富!!

こちらは「ヘンリーフォンダ」です。「黄」色の色彩が鮮やかなこのバラは、「荒野の決闘」で有名なアメリカの俳優ヘンリー・フォンダ氏の名が冠せられています。

ヘンリー・フォンダ氏は黄色いバラを好み育てていたそうで、作出者のChristensen,J.氏が1996年に作出したのです。

この「ヘンリーフォンダ」はフルーツ系の甘い香りを放ち、別名「トロピカーナ」とも呼ばれています。

こちらは「ジュリア」です。落ち着いた雰囲気の茶色バラで、さわやかなティーローズの香りで、暖かみのある色合いがこれからの季節(秋・冬)に人気のバラです。

こちらは「爽(そう)」です。「紫」色が珍しく、怪しげな雰囲気を醸(かも)していますが、凛とした佇まいが魅力的なバラですね(*´▽`*)

この「爽」は、2016年に日本人である河本純子氏が作出したバラで、とある俳優さんをイメージして作出したそうです。

・・・とまぁ、ほんの一部です。まだまだたくさんのバラがあります。

薔薇の香りに癒されにバラ園に行くのもありですよね(*´▽`*)

アクセス

車の場合:関越自動車道前橋インターチェンジよりR17号経由、渋川方面へ約15分 駐車場あり

公共交通機関:JR前橋駅北口バスターミナル3番乗り場から関越交通バス(緑ヶ丘線)で約20分、「老人センター入口」で下車

Horyブログの最新情報をチェックしよう!

写真関係の最新記事8件